銀行でお金を借りるには

口座に預金をすることで日頃からよく利用している金融機関に銀行があります。 なじみの深い金融機関なのでお金を借りる時に選ぶのも安心感がありますよね。 金融商品は色々ありますが個人でキャッシングをするならカードローンに申し込むのがおすすめですよ。 カードローンというのは融資用のカードを発行し、お客さんが自分でATMに行き借りたいお金を引き出して利用する商品です。 自分の預金口座からお金を引き出すような感覚で利用できるので気軽にキャッシングできます。 カードを所有しておくといざという時の心強い味方になるでしょう。 また自動車ローン、住宅ローン、教育ローンといった目的がはっきり決まっている商品とは異なり、ローンの目的は自由なのでどなたでも利用することができます。 ほかの金融機関でもカードローンは扱っていますが金利が高いので銀行のカードローンは人気があります。 また貸金業の場合には総量規制により年収の3分の1までしか借りられませんが貸金業ではないので総量規制の対象にはなりません。 年収に関係なく借りられるのもメリットです。 ただし低金利で限度額も大きいと条件が良いだけに審査も厳しくなっています。 銀行によってはパートやアルバイト、学生もOKというところもありますし専業主婦でも申し込めるというところもあります。 年収に関係なく大きな限度額も可能、といった点が魅力ですが計画的に利用する必要があるのは言う間でもありません。

参考サイト:銀行でお金を借りる情報サイト